目的別から考える生命保険&家づくり~頭の整理術♪♪


 

住宅ローンとも関係の深い生命保険…

 

保険には様々な商品がありますが、単純に見れば

「亡くなったときの保障」

「病気や怪我に対する医療保険」

「老後の資金」

と目的別に分けられ、自分にとって必要な保障は何か
を考えることになります。

そして、必要な保障が何かが見えてくれば、
次はいくらの保障が必要かになります。

保険には、月々の掛け金が低く、保障が大きい
なんて都合のよいものはありません。

保障が大きければ掛け金は高く、
掛け金を抑えようと思えば、保証額も下がります。

大事なのは「保険に何を期待するのか?」ということ。

預貯金をたくさん持っているなら、
敢えて保険に入る必要はないでしょうし、保険に入るとしても、
預貯金でカバーできない分だけで構いません。

どの保険にいくら入るのかは、人それぞれという訳です・・・

 

これは家づくりにもあてはまる問いかけではないでしょうか?

 

大事なのは、まずは自分たちが

「どんなことをしたくて、そのためには何が必要か」

 

ということを認識することのように思います。

これは保険や家づくりだけでなく、全てに当てはまる頭の整理術?!

 

自分は何にこだわるのか?

こだわりだせば、日常の選択一つ一つが、

生き様にまでたどり着くかもしれませんね?!

 

ファイナンシャルプランナー

平野 みゆき