入学前に準備したい!ランドセルや学用品の収納場所♪♪


 

 

先日オーナー様より、新一年生になるお子様の為に

 

どのような勉強机を2階子ども部屋にレイアウトしたらよいか?

 

というご相談があり、ご一緒に考えさせて頂きました(^ο^)ゝ

 

 

まずは、新一年生の持ち物を考えます…。

 

 

① 教科書やノート類はA4ファイルボックスひとつぐらい。

 

 

 

tt

 

 

② 毎日の身支度に関係するハンカチやティッシュ↓↓↓

 

 

 

 

sub03

 

 

③ 体操着・上履きなど定期的に持っていくもの。

 

 

④ プリント提出物や工作などで使うような持ち物など。

 

 

⑤ 普段は学校に置きっぱなしですが場合が多いが春休みには全て持ち帰ってくる水彩セットや音楽道具など。

 

 

⑥ 季節まで保管するスクール水着や書道セットなど。

 

 

 

 

 これらの持ち物を、子供が自分で管理・準備しやすい環境を考えた

 

レイアウトやスペースを考える必要があります。

 

 

 

例えば、ランドセルや教科書の置き場所は、

 

ハンカチやティッシュ、通学帽など、当日の朝に身につけていくものが一緒だと

 

忘れものがないですし、何よりすべて自分で準備ができます。

 

 

 

低学年のうちは、チャレンジや宿題をする場所も

 

それらの近くの方が無理がないかもしれませんね。

 

 

 

と考えると、勉強机を2階子ども部屋へ持っていった場合はどうかな??

 

 

 

こちらのお子様の日頃の生活動線をお聞きすると、

 

 

 

普段の身仕度は一階リビングルーム…。

 

 

学習場所もダイニングテーブルとのこと。

 

 

 

こちらのダイニングテーブルは、リビング学習には最適な場所に位置しています↓↓↓

 

 

burogu

 

 

 

 

 

対面キッチン正面でママの目が届き、テレビからも遠く後ろ向き。

 

ダイニングテーブル隣には大容量のカウンター収納もあり、

 

 

 低学年のうちはこの一角を学用品の集合体にした方が、

 

 

動線も短く、毎日無理なく、

 

 

一人で準備やお片づけができ、自立促進につながるのでは…v(*^o^*)v

 

 

というお話しになり、勉強机の購入は保留にすることとなりました(〃^_^〃)

 

 

 

 

⑤と⑥に関しては毎日の必需品ではないので、

 

 

 

 

子ども部屋のクローゼットの中にラックなどで収納場所を確保↓↓↓

 

 

sub041

 

 

 

 

どんなシーンでも子どもの自立促進につながるシステムとなり、

 

 

長期休み前にどっさりモノが増えて溢れるママのストレスや

 

 

「あれはどこ?」と

 

 

日曜日に慌てて探す必要もなく、忘れ物を防ぐ事ができますね。

 

 

 

入学前に準備したい!…こととは、

 

 

学習机よりも先に…

 

お子様の性格や行動パターンから考えた…

 

 

子供が1人で用意出来るシステムを作ってあげることが

一番大切なのかもしれませんね。

 

 

 

そうすることで、毎日の小言も減り、親子共々ストレスが減りそうですね(*^-^*)>”