高密度で高機能な納戸収納♪♪


 

納戸が収納専用の部屋として無駄なく機能するかどうかは、

 

 

部屋の広さではなく、壁面とその間口に左右されます↓↓↓

 

 

 

45_4_nando_02

 

 

 

同じユニットシェルフを壁沿いに配列してみると左図は6台、右図は8台並びます。

 

 

 

 

その違いはシェルフを置くための壁面の長さと間口…。

 

 

 

 

正方形で間口の広い左図と比較すると

 

長方形の右図の壁面は3割以上も長く

 

中央に残されたスペースは通路としての幅だけなので

 

一切無駄がありません(^‐^)ゝ

 

 

 

そこで本日ご紹介するのが先月完成見学会を開催致しました

 

『陽だまり☀の平屋住宅』の納戸部屋↓↓↓

 

 

 

IMG_3805

 

 

 

 

ご家族の持ち物から考えられた引出し収納や

 

 

たくさんのポールが無駄なく配置されています(^-^)>”

 

 

写真におさまらなかった奥部分↓↓↓

 

 

 

IMG_3803

 

 

 

お引っ越しで持ち込まれるシェルフスペースやロングコート掛け…

 

 

右の棚はバッグ置き場…(ノ^-^)ノ

 

 

IMG_3794

 

 

 

 

大きな鏡付き扉の前で、毎日のコーディネートをチェック…Σd(゚ー^)

 

 

 

 

 とても綺麗好きでおしゃれなご夫婦の高機能納戸となりました(^-^)g”

 

 

 

 

納戸があると片づけやすい!とは限りません。

 

 

 

なんでもかんでも詰め込む納戸は機能しないし、スペースの無駄使い…。

 

 

 

モノをしまうための専用部屋が納戸。

 

 

 

モノの出し入れが中心である以上は、

 

 

無駄のでない広さと使い方がキーポイントですq(^o^)p