住宅ローン選びは比べる土俵を同じに…


 

A銀行は金利が低いがなんだか保証料が高い??

B銀行は若干金利は高いが、繰上返済手数料、ATM手数料全て無料…
といった条件。

 

いまや住宅ローン商品も多様化が進み、

 

判断基準をどこに持っていけば良いのか難しいですよね(>_<)

 

 

そこで、分かり易いのが比較する基準を利息や手数料など、

 

下記の全ての項目の総支払額をチェックして頂くことです↓↓↓

 ・利息

 ・事務手数料

 ・保証料

 ・団信手数料、及び団信の保証内容(三大疾病等が付いているか)

 ・その他の費用(金利引き下げを受けるための必要経費など)

         
各金融機関は、自社の有利な点ばかりを強調し、

不利な点を出したがりませんが、全ての項目を横並びにすれば、

どの金融機関が有利かが比較しやすくなります。

 

借り換えも同じで、先日コンサルティングを行ったお客様にも

400万円程のメリットがありました(*^_^*)

 

まずは各金融機関のサービス内容を熟知し、

自分たちの住宅ローンに求める基準を明確にすることをお勧めします(^‐^)ゝ