家づくりで失敗しないための3つのポイント

[家を建てる前に]家づくりのテーマを決めましたか?

家族構成や生活パターンによって家の間取りは大きく変わります。
家づくりを検討している段階において、『家の間取りをどのようなものにするか』は最も重要な項目です。
また、家づくりで失敗したと感じられている方の多くは、間取りに不満を持っている方が多いようです。そのため、家づくりで失敗しないためにも、新しい家でどのような暮らしがしたいのか、新しい家でなにをしたいのか、といった明確なテーマを決めましょう。代表的な確認項目を挙げるので、設計する前にこのポイントをチェックしてみてください。

[家を建てる時の]その会社は一緒にとことん悩んでくれる会社ですか?

一生に一度しかない家づくり。
施工会社をどこにするかということは非常に大切です。そしてその際のポイントとして、施工会社の実績や施工品質、保証制度の充実などが挙げられます。
会社選びにはとことん時間をかけてください。
当社ではお施主様が納得いかれるまで、とことんお付き合いさせていただきます。

[家を建てた後の]保障制度が充実している会社ですか?

住宅を建ててしまった後では、原因を探ることも補修をすることも非常に大変です。
欠陥住宅を防ぐためにも、施工会社の保証体制や保証制度などは確認しましょう。
当社では、地盤調査から計4回の建物検査を通して、お施主様の「建築期間中の不安」を解消できる制度に登録してあります。
また工事期間中の火災や事故はもちろん、お引渡し後の施工により生じた損害も補償致します。
工事期間中はいつでも工事現場へ足を運んで頂き、進捗状況を一緒に確認して頂けます。