ZEHへの取り組みについて


弊社のZEHへの取り組みについて以下の目標を掲げさせていただきます。

<2020年度ZEH実績>

2020年・・・0件

<今後の普及率目標>

2021年・・・50%

2022年・・・50%

2023年・・・50%

2024年・・・50%

2025年・・・50%

◎ZEH目標公表資料

1.ZEHの周知・普及に向けた具体策

今後、自社ホームページの掲示及び初回接客及びイベント開催時において

ZEH住宅の必要性を訴求し周知・普及に努める。

2.ZEHのコストダウンに向けた具体策

取引業者と共に協議を行い、サッシから断熱材、細かな部材に至る建材の費用見直しを行い

最良の仕様を作成する。

また、省エネにおいては太陽光の施工が難易にならないような屋根形状・配置計画とし

工事の削減を行う。

3.その他の取り組みなど

ZEHに関するセミナー・講習会に積極的に参加し、知識向上に努め、社内会議や

協力業者会議にて勉強会を実施し、気密断熱性能、高効率設備、創エネルギー設備についての

最新の情報をお客様へ提供する。

※ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、住宅の高断熱化と

高効率設備により、快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現したうえで、太陽光発電等によって

エネルギーを創り年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量が概ねゼロ以下となる住宅のこと

経済産業省

資源エネルギー庁

https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/general/housing/index03.html